サマージャケットで夏コーデが劇的に変わる?!その理由とは

夏にジャケット?!そんなの暑いし、着てられない!

早々にサマージャケットの夏コーデは諦めて、夏は暑いから半袖のTシャツにショートパンツというラフなスタイルばっかりになっていませんか?

イベント事も多い夏をそんなワンパターンなコーデだけで乗り切ろうと思っているあなた!

そんなことでは、夏のイベントでモテることはできないですよ!

そこで!夏でもサマージャケットでオシャレして女子にモテる為のサマージャケットの選び方やコーデの仕方をお教えします!

夏に着るサマージャケットとは?

サマージャケットって夏にジャケット着てたら、サマージャケットって言うんじゃないの?
なんて勘違いしている方も多いのではないでしょうか?

サマージャケットは冬に着るジャケットとは違って夏にも清涼感を持って着られるように様々な工夫がされているんです。

サマージャケットの素材の多くは、通気性の良い綿や麻といった天然素材をを使っていたり、最近では化学繊維でも接触冷感や速乾性の高い素材が開発されて
夏でも快適なサマージャケットが増えてきました!
また、芯地や裏地をつけない事で通気性を良くしたジャケットもサマージャケットの特徴です。

メンズサマージャケットを選ぶポイント

サマージャケット選びは知識がないとパッと見では秋冬のジャケットと違いが分かりにくく、間違えて夏にはとても着られないようなジャケットを選んでしまうことも。。。
そんなことにならない為にも、メンズサマージャケットを選ぶポイントをお教えします!

麻混素材のメンズサマージャケットを選ぶ

メンズサマージャケット選びで大事なのは通気性の高い素材のサマージャケットを選ぶ事!
前述したように化学繊維でも接触冷感や速乾性の高い素材が開発されてきてはいますが、やはり一番通気性が高いのは「麻素材」です。
「麻(リネン)」は数ある繊維の中でも一番通気性が高い素材です!
通気性の高いサマージャケットを選ぶ時の分かりやすい指標は「麻混の生地かどうか」です!
素材表記をしっかりチェックして下さいね!

サマージャケットの素材や生地の選び方は分かって貰えたと思いますので、次はサマージャケットの仕様の選び方も説明します!

メンズサマージャケットの仕様を見極める

サマージャケット選びで抑えておいて貰いたい仕様は3点!

  1. アンコン仕様になっているか
  2. 裏地の有無
  3. 袖口が本切羽の仕様かどうか

上記の3点を抑えてサマージャケットを選べばまず、間違いはありません。
これだけでは、なんのことか分からないと思うので、詳細をお伝えします。

1.アンコン仕様のメンズサマージャケットを選ぶ

アンコンって何?って思うかもしれませんが、簡単にいえば芯地を使わないで作られたジャケットの仕様のことです。
本来ジャケットは型崩れを防いだり綺麗なシルエットを維持する為、生地に芯地を貼って作りますが、サマージャケットは通気性を持たせるために
芯地を使わずアンコンの仕様にしてあります!

アンコン仕様になっているか否かで清涼感がかなり違ってくるので、お忘れなく!

ただ、アンコン仕様だと型崩れしやすいので、重要なビジネスシーンでは使えないということも覚えておいてください!
クールビズのビジネスシーンで使うくらいが適切です。

2.裏地の付いていないメンズサマージャケットを選ぶ

次に大切なのがジャケットに裏地が付いているか否か!
ジャケットには本来、着用の際に滑りを良くして着心地を良くする為に裏地が付きますが、サマージャケットは通気性を重視するので
裏地がついていません。

裏地が付いているジャケットを間違えて購入してしまうと通気性はかなり落ちてしまうので、注意が必要です。

裏地の付いていないジャケット

3.袖口が本切羽仕様のメンズサマージャケットを選ぶ

本切羽というのも聞き馴染みがないかもしれません。
本切羽というのは、ジャケットの袖口のボタンが留め外しできる仕様のことです。

この仕様になっていることで、ボタンを開けて袖まくりがし易くなるので、本切羽の仕様のジャケットを選ぶのがオススメです!

メンズサマージャケットのコーデ紹介

サマージャケットの選ぶ際のポイントを掴めたところで肝心のサマージャケットのコーディネートがダサくては元も子もない!
ですので、簡単にサマージャケットのコーデのコツを伝授します!

サマージャケットのコーデのコツ

サマージャケットのコーデで重要な事は、インナー使いとボトムスのシルエットです!

サマージャケットのインナー使いで大切な事は、Tシャツで軽さを出しつつ、カジュアルダウンさせる事!
サマージャケットをカチッと着るのもカッコイイですが、サマージャケットはどこまでカジュアルダウンして「抜け感」を出すかが勝負。
なので、インナーはTシャツにして「抜け感」のあるコーデにしましょう!
サマージャケットのインナー使い

サマージャケットに合わせるボトムスのシルエットで大切な事は、必ず細身のボトムスを選ぶこと!
ジャケットに太いパンツを選ぶと一気に野暮ったくなってしまうことも。。。
そんな事にならない為にも、必ず細身のボトムスを選びましょう!!
サマージャケットのボトムスのシルエット

サマージャケットのコーデの具体例

サマージャケットのコーデのコツは掴めたと思うので、次は具体的なコーデ例を紹介します!

サマージャケット×アンクルパンツで大人のジャケパンスタイルに

サマージャケット×アンクルパンツのコーデ

サマージャケットに相性がいいのがアンクルチノパンツ!
大人の男性ならジャケパンスタイルで様になるコーデは絶対持っておきたいところです。

デートシーンやクールビズのビジネスシーン等、活躍の場が多いのがジャケパンスタイル!
ネイビー等の無難なカラーを選ぶのではなく、ホワイトストライプのサマージャケットを選んでコーデを決められると更にポイントが高いですよ♪

綿麻サマージャケット 3,234円

テーパードアンクルチノパンツ 1,995円

サマージャケット×デニムで大人カジュアルスタイルに

サマージャケット×デニムのコーデ

サマージャケットとのコーデして様になるアイテムで定番なのがデニム!
チノパンツに負けず劣らず、サマージャケットのコーデに相性がいいデニム。

ジャケットの色をブラックやネイビー等の濃い目の色にして、デニムは薄めのブルーを選ぶのがオシャレで粋なコーデ♪
ただ単にデニムで着崩すのではなく、クラッシュデニムでアクセントをつけて着崩すのが正解です!

綿麻サマージャケット 3,234円

クラッシュスキニーデニム 2,995円

サマージャケット×ショートパンツで抜け感を

サマージャケット×ショートパンツのコーデ

さらにオシャレなのは、サマージャケットとショートパンツの組み合わせ!
ジャケットで大人な雰囲気を演出しつつも、ショートパンツでしっかりカジュアルダウンさせる。
ただ、足元はレザーシューズでキレイ目に纏めることも忘れずに!

こんな着こなしが出来たら女子からの好感度もかなり高くなるかも?!

綿麻サマージャケット 3,234円

ストレッチツイル柄ショーツ 1,995円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です