1枚のカーディガンでメンズもコーデの幅が広がる!

カーディガンを着たメンズモデル

女性から見たカーディガンを着た男性の印象は好印象。その理由は「オシャレに見える」「大人っぽく見える」などなど。カーディガンを初めて着るという男性に、最初の1枚としておすすめなのがVネック&ハイゲージのカーディガン。その理由とは?

⇒ちなみにメンズにおすすめのカーディガンがこういう形

メンズにこそカーディガンがおすすめな理由を詳しく紹介します!

 

 

メンズのカーディガンに対してどんな印象を持っていますか?

「合わせるのが難しそう…」

「男はあまり着る機会がなさそう…」

「レディースのイメージが強い…」

そんな風に思っているアナタ…損してますよ!笑

 

何故なら、カーディガンはメンズこそ着るべきアイテムだからです。

その理由はカーディガンひとつあればメンズのコーデの幅が広がりますし、女子受けも抜群!

何より、それほどオシャレに自信がない男性だってカーディガンは簡単に着こなすことができるんです!

 

今回は、メンズのカーディガンを使った春コーデの魅力や、カーディガンをはじめて着る男性におすすめのメンズカーディガンを紹介。

さらに…気になる女性目線から見たカーディガン男子の印象についてもお伝えしていきます。

春にどんなアイテムを着ればいいか迷っていた人は、必見です!

メンズもカーディガンで春コーデの幅が広がる

カーディガンで雰囲気が変わる

年中着られる万能アイテムのカーディガンですが、メンズのカーディガンを使ったコーデが特に引き立つ季節をご存じですか?

カーディガンと言えば肌寒い時期に着ることが多いので秋冬をイメージしがちですが、メンズのカーディガンを使うことでコーディネートの幅を広げられるのは春です。

 

秋冬はいくら素敵なカーディガンを着てオシャレをしても、コートを上に着てしまうのでカーディガンを着ていることが分かりにくいですよね。

男性の場合だと秋冬はダウンジャケットなどを着て、前のファスナーは全て閉じてしまうという人も多いと思います。

しかし、春先はコートを脱ぎ捨てて軽装へと変わる季節なので、春はメンズもカーディガンを使ったコーディネートを存分に楽しめるんです。

ちなみに暖かい春先には、シャツ一枚やロンT一枚で過ごされている男性もいますよね。

背の高い外国人モデルなんかは、シャツやロンTだけでもサラッと着こなしていますが日本人男性がこれをやると、体型が華奢なので幼く見えてしまうことも。

 

春こそ、普段から着てるシャツやロンTの上にカーディガンを1枚サラッと羽織ってみましょう。

カーディガンは同じだったとしても、インナーとの着まわし次第で何通りものカーディガンを使ったメンズコーデが楽しめます。

男のカーディガンは女っぽい?ダサい?…とんでもない!

ボーダーのカーディガンを着る男性

カーディガンは女っぽい。なんて思っていませんか?

確かに、カーディガンは女性も好んで着るアイテムのひとつ。むしろ男性の年齢が高くなるほど「女性が着る服だ」なんて思っている人も多いです。

しかし、それはジーンズだってTシャツだって同じこと。女性らしいデザインや色のカーディガンを選らばなければ問題ないです!

 

メンズのカーディガンってダサいと思われない?

いえいえ、これも間違った考え方です。

カーディガンのボタンを全部きっちり留めて、ピッタリ着るような『一昔前のお坊っちゃん的なコーデ』を思い浮かべていませんか?

むしろオシャレなメンズこそカーディガンを1着は持っています。

カーデが女っぽい・ダサいという先入観を無くすためにも、実際に女性がカーディガンを着ている男性についてどんな印象をもつのか紹介してみます。

 

女性から見たカーディガンを着た男性の印象

女性から見た印象

  • オシャレな感じで好き
  • 大人っぽく見える
  • ファッションに関心がありそう
  • 清潔感があり好印象を持てる
  • きちんとしているが、キメすぎではない
  • 賢そうに見える
  • 温厚そうに見える
  • どこへデートへ行っても浮かなさそう

 

これが女性から見た、カーディガンを着た男性への印象です。

良い印象ばかり並んでますが、実際に女性から見てカーディガンを着た男性にネガティブなイメージはまず無いです。

メンズのカーディガンはキレイめなアイテムでありながら、ジャケットのようにかしこまり過ぎた印象も無いので、デートにもピッタリ。

 

最近は、いかにも男性らしくたくましいといったワイルドスタイルよりも、山田涼介さんや千葉雄大さんのような中世的で柔らかい雰囲気の男性が人気ですよね。

ほど良いゆるさのあるメンズのカーディガンスタイルは、女性から見ても好印象なのです。

カーディガンデビューする男性に知って欲しい!女性のカーデ活用法

ここまで読んでいただいて「ちょっとカーディガン着てみようかな」なんて思いませんでしたか?

むしろ私個人的にもカーディガンを使った男性のコーデは好きなので、どんどんカーディガン男子が増えて欲しいところ。笑

 

けど、カーディガンをはじめて着る男性からしたら、

着てみたいけれど、どんな時にどんな風に使えばいいのか…。

なんて思ったりしますよね。

 

カーディガンを着るのが初めて。と言う男性に、女性がどんな風にカーディガンを使っているのかを紹介します。

カーディガンは単に羽織るだけの物ではなく、ファッション性と実用性を兼ね備えたとても優れたアイテムなんです。

常に持ち歩いて肌寒さの対策に

カーディガンはオールシーズン活躍してくれるアイテムです。

春先は少しだけ薄手のもの、夏は極薄手のもの、秋冬は厚手のもの。

どの季節も朝晩は冷え込むので、そういった時に1枚羽織ることのできるカーディガンはとても便利です。

夏でも室内ではクーラーが強すぎて肌寒い…なんてこともよくありますよね。

そんな時にもカーディガンならニットなので、パーカーなどを持ち歩くよりもかさ張らずにカバンに入れておけるので便利です。

コーディネートのアクセントに

女性の場合だと、それ一枚着ればコーディネートが出来上がるワンピースやサロペットなどの便利な洋服が多いです。

1枚でもシンプルで可愛いのですが「ちょっと物足りない」なんてこともありますよね。

 

そんな時に、靴やバックなどの小物と色を合わせたカーディガンを一枚羽織ると、コーデの物足りなさをカバーするだけでなく、オシャレさもプラス。

 

また、ジーンズにTシャツのシンプルなコーデや上下が同じ色のワントーンコーデの時にカーディガンを腰に巻く女子も多いです。

腰に巻くことで、気になる腰周りがカバーできたり、スタイルの全身の引き締め効果が得られます。

 

カーディガンは羽織るだけ…ではなくて実用性の高いアイテムです。

女性の場合はこのような使い方をしているのですが、男性でも同じような使い方ができるので、カーディガンを着るのが初めてという男性は参考にしてください。

カーディガンにも形に種類が。メンズにおすすめなカーデの形とは?

メンズのカーディガンといっても、形・編み方・色など種類はいくつもあります。

そんないくつも種類がある中でも、男性がカーディガンを選ぶ時のポイントにした方がいいのが、ネックライン(首もと)の形と編み方です。

ネックラインの形と編み方に焦点をあてて、よくあるスタンダードな4つのカーディガンを紹介します。

ネック種類:クルーネックカーディガン

クルーネックとは、首の形に沿った丸みのある形のこと。Vネックと比べるとカジュアルな印象になります。

首が詰まりすぎていると太って見えたり顔が大きく見えるので、ネック部分にゆとりのあるものを選ぶのが◎

ネック種類:Vネックカーディガン

首もとがVの字にカットされた定番のメンズカーディガン。小顔効果があり、首もとをスッキリと爽やかに見せてくれます。

Vネックはクルーネックに比べドレスアイテムよりなので、上品に見えつつテイストを選ばずに使えるのが魅力的。

編み方種類:ローゲージカーディガン

ローゲージカーディガンとは編み目が大きく、ざっくりとしたカーディガンのこと。

カジュアルな雰囲気が遊び心があり、アウター感覚で使える編み方。

ここ数年トレンドとなっている、ふわっとしたゆる感を出せるアイテムです。

編み方種類:ハイゲージカーディガン

ローゲージとは逆に、編み目が細かいカーディガンのこと。

シンプ
ハイゲージは生地が薄手で、インナーにおすすめでビジネスシーンでも使える優秀アイテムです。

キレイめで上品に見えるので、大人っぽく見せたい男性にはおすすめのカーディガン。

結論!メンズカーディガンおすすめは「Vネック&ハイゲージ」

ここまでスタンダードな4種類のメンズカーディガンを見てきましたが、はじめてメンズカーディガンを着る男性に最適なのは…

Vネックでハイゲージのカーディガンです!

ハイゲージがおすすめな理由ハイゲージはローゲージに比べ薄手なので、アウターにもインナーにも使え、着回し力が抜群!

編み目が目立たず、スッキリして見える点が大人っぽくオシャレに見せたい男性にピッタリなんです。

Vネックがおすすめな理由Vネックはカーディガンでは外すことの出来ない定番中の定番。

流行り廃りがないので、毎シーズン着られますよ。

カーディガンをはじめて購入しようと思っている男性は、「ハイゲージ」と「Vネック」どちらも兼ね備えたこんなカーディガンが最適です!↓

カーディガン

⇒カーディガンの商品ページを見る

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です