メンズデニムシャツ【失敗しない定番の選び方を伝授】

メンズデニムシャツってそもそもどんなシャツを指すか知ってますか?

大まかなイメージでデニム素材のシャツってことはわかりますよね。

でも、実はメンズデニムシャツにそっくりなダンガリーシャツが存在するんです。

今回は、メンズデニムシャツとダンガリーシャツを比較することでわかるメンズデニムシャツの良さと失敗しない定番メンズデニムシャツの選び方を伝授したいと思います。

伝授すると言ってもいったいお前は誰だよ!って話だと思いますので、簡単に自己紹介をしておきます。

【自己紹介】

私は、客単価2万円以上の高級セレクトショップにて2年間の販売員、3年間の店長経験を経て、現在はJIGGYSSHOP(ジギーズショップ)という激安メンズファッション通販サイトの店長を務めています。

激安メンズファッション通販サイトJIGGYSSHOPはコチラ!

ホントに簡単な自己紹介ですが、要はファッションについて多少なりと知識はあるので、少しでも皆さまのお役に立てればと思ってこの記事を書かせて頂いております。

それでは、早速メンズデニムシャツに付いて色々伝授して行きます。

目次

デニムシャツとダンガリーシャツとの違いは?徹底比較!!

▼デニムシャツとダンガリーシャツの生地の違い▼

デニムシャツとダンガリーシャツの一番の違いは生地の違いにあります。

そもそもデニムってどんな生地かハッキリ分からないという方も多いはず。
デニムとは?って調べると直ぐに分かることなんですが、タテ糸にインディゴ染めした糸をヨコ糸に染色されていない糸を使って綾織りに織りあげた織物の事をデニムと言います。

対して、ダンガリーはタテ糸に染色されていない糸、横糸にインディゴ染めした糸を使って綾織りに織りあげる生地のことです。

分かりやすく言うと、デニムは綾の部分がインディゴの色味に見えている。ダンガリーは綾の部分が白く見える。

こんな説明をされても、えっ何が違うの?って思うかも知れません。

正直、世の中の販売員の半数近い人がデニムもダンガリーも「総じてデニム」って紹介してしまっているんじゃないでしょうか?

それは、一般消費者が知りえる訳がありませんよね。

デニムとダンガリーの生地の違いについては、簡単に言うとこんな感じでネットで検索してみてもここまでの情報は沢山出されています。

ただ、皆さんが知りたいのは、それで使った時にどう違うの?ってことを比較して教えて欲しいってことですよね!

なので、ここからは実際に使った時を比較してそれぞれどんな特徴があるのかを解説して行きます。

デニムシャツとダンガリーシャツの特徴の比較

デニムシャツの特徴

▼デニムシャツの着こなし▼
・カジュアルになり過ぎない程良いカジュアルスタイルに使いやすい。
・ボタンを開けて着ればライトアウターのようにも使える。
・シックなチェスターコートやジャケットのインナーとしてもコーデが出来る。
▼デニムシャツの定番の形▼
ウエスタンシャツ

▼デニムシャツの色落ちの仕方▼
使いこむとタテ方向に白い色味がだんだんと表れて、味のある色落ちの仕方になる。

 

ダンガリーシャツの特徴

▼ダンガリーシャツの着こなし▼
・カジュアルな着こなしに向いている。
・ダンガリー自体がかなりカジュアルな為、大人なコートとの相性があまり良くないが、全体をカジュアルに纏めるにはもってこい。
・若く見える着こなしが出来る。

▼ダンガリーシャツの定番の形▼
ワークシャツ

▼ダンガリーシャツの色落ちの仕方▼
デニムと違い全体的に薄い色になっていく為、使い古した印象になりやすい。

デニムシャツの良さとは?デニムシャツをオススメする理由。

デニムシャツは、大人な男性にオススメ!!
理由は、カジュアルになり過ぎない程良さがあることと、シックなチェスターコートやジャケットにも相性が良いこと!
また定番の形がウエスタンシャツで、アウターのインナーにウエスタンシャツを使うという2018秋冬のトレンドを抑えているということも大きな理由です。2018秋冬のトレンドをもっと知りたいという方は、メンズファッション2018秋冬の激安トレンドアイテム紹介の記事もご覧下さい。
ダンガリーシャツは、若い男性にオススメ!!
理由は、若く見える着こなしが可能で、コーデをカジュアルに纏めたいまだ大人のコーデには手を出せないという方にちょうど良いことです!
アクティブなシーンも多い若い男性ならワークシャツという定番の形も調度良いですよね!!

男であれば誰しも大人な男性の魅力を持ちたいはず!
なので、デニムシャツとダンガリーシャツを比較して分かったように、私は大人な着こなしが出来るデニムシャツを絶対的にオススメします!!

オススメと言われたからといって、じゃあどのデニムシャツを選べばいいの?って話だと思うので
デニムシャツの選び方の3原則を伝授します!!

デニムシャツ選びの3原則

デニムシャツを選びで注意しておくべき点は三つ!!
このデニムシャツ選びの3原則を覚えておけば、デニムシャツ選びに失敗する事はなくなります!!

デニムシャツ選びの3原則

  • その1:細身のデニムシャツを選ぶ!
  • その2:定番のウエスタンシャツを選ぶ!
  • その3:ヴィンテージ加工のデニムシャツを選ぶ!

その1:細身のデニムシャツを選ぶ!

細身のデニムシャツを選ぶと言われてもどのぐらいが細身?
どのぐらいだとピチピチになってしまうの?
色々分からない事が沢山あると思います。
なので、細身のデニムシャツを選ぶ基準を分かりやすく紹介しますね!

細身のデニムシャツのサイズ選びの基準
「ボタンを全部留めた時に胸の辺りから肩にかけて引っ張られたシワが出ないこと」
具体的には下の画像くらいのデニムシャツが細身のデニムシャツのジャストサイズです!!

その2:定番のウエスタンシャツを選ぶ!

なぜ、定番のウエスタンシャツを選ぶべきなのか?って思うかもしれません。
定番のウエスタンシャツを選ぶ理由は、定番のウエスタンシャツが今年の秋冬のトレンドだからです。

でも、トレンドアイテムって長いこと使えないんじゃないの?っていう気持ちもあるかもしれませんが、大丈夫です。
なぜなら、ウエスタンシャツというのは、昔からメンズファッションの中に当たり前にある普遍的なデザインだからです。

もしウエスタンシャツのトレンドが過ぎ去ったとしても、普遍的なデザインなので、ずっと着続けられます。

よし分かった!じゃあ、どんなデニムウエスタンシャツを選べばいいの?って最後にはなると思いますので
オススメの定番のウエスタンシャツを紹介します。

オススメは、ジギーズショップで今一番売れているウエスタンデニムシャツ!!
ボタンを留めても開けても様になるウエスタンデニムシャツが一番汎用性が高くてオススメ!!
秋、春は軽い羽織りの一着として、冬はインナーとして大活躍してくれます。

オススメの定番デニムウエスタンシャツはこちら!!

トレンドで定番のウエスタンシャツって他にはどんなものがあるの?って思った方は、以下のリンクもチェックしてみてください!

デニムシャツ以外のウエスタンシャツの一覧はコチラ!!

その3:ヴィンテージ加工のデニムシャツを選ぶ!

ヴィンテージ加工されているものより色が濃いデニムシャツの方が使いやすそう!って思うかもしれません。
ですが、デニムシャツって経年変化で色落ちをしていくので迂闊に濃いデニム生地のデニムシャツを選んでしまうとダサい色落ちになって
しまって残念な結果になりかねません。

ですが、初めからヴィンテージ加工されているデニムシャツならダサい色落ちしてしまったらどうしよう?なんて心配は不要です!
買ったその日からカッコ良く着こなす事が出来ます!!

ヴィンテージ加工のデニムシャツのオススメはコチラ!!

オススメって言われてもピンと来ないし、世の中の人はどんなデニムシャツを選んでいるのか気になるという方もいるはず!

なので、デニムシャツを含めたシャツの週間売れ筋ランキングもご紹介しておきます!

デニムシャツを含めたシャツの週間売れ筋ランキングはコチラ!!

デニムシャツの即日発送の激安通販サイトの紹介

デニムシャツを扱っている通販サイトは探せば沢山出てきます。
それだけに、デニムシャツをどこで買えばいいのか分からないって方も多いのでは?

そんな悩みを持った方に絶対にオススメしたいのが、JIGGYSSHOP(ジギーズショップ)です。
自分が店長を務めているからオススメしてるんだろ?
って思われるかもしれませんが、ちゃんとオススメの理由が3つあります。

JIGGYSSHOP(ジギーズショップ)がオススメな3つの理由

  • オススメポイント1:様々なWEBショッピングモールにお店を展開しているので普段良く利用しているモールで買えるという点
  • オススメポイント2:即日発送で対応可能!直ぐに必要って方にもオススメです。
  • オススメポイント3:カッコ良いのに値段が安い!全身コーデが1万円以内で揃います。

以上の理由からJIGGYSSHOP(ジギーズショップ)で通販するのが絶対にオススメ!!

デニムシャツを【公式】JIGGYSSHOP(ジギーズショップ)で購入する!
デニムシャツを【楽天】のJIGGYSSHOP(ジギーズショップ)で購入する!
デニムシャツを【ヤフー】のJIGGYSSHOP(ジギーズショップ)で購入する!
デニムシャツを【amazon】のJIGGYSSHOP(ジギーズショップ)で購入する!

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です